unsui法純の「波蘭便り」

【告知】殿ケ谷戸庭園@坐禅会 第二

こんにちは。法純です。早速第一の殿ケ谷戸庭園@坐禅会が無事に終わりまして、19人の方々が集まりました。素晴らしい時間を過ごさせていただきました。また、次回の坐禅会の詳細もお送りいたしますから、是非国分寺市までに足(と志)を運んできてください!

お待ちしております。


詳細は下記:


日時 :2016年10月16日(日)午前9時から12時(当日は現地集合です。9時までに会場にお集まり下さい)

場所 :殿ケ谷戸庭園 (東京都国分寺市南町二丁目/JR中央線南口から徒歩1分)
参加費:1000円
連絡先:お問い合わせ、お申し込み、ご不明な点は必ずご連絡下さい。
    法純 hojunzenATgmail.com (080-7953-2761)
   

今まで参加した方々のランダムな感想文:


    • 年々、シンプルに中道的に生きていくには、と考えつつ実践的なことには取り組んでいなかったのですが、今回、この坐禅会のお話しをきいて、参加してみて、普段ないがしろにしてしまいがちな、"心地よい静寂" みたいなものを体験できて、時々このように日常から切り離す時間も大事なことだと思いました 。

    • 一回目の坐禅の後に庭園経行した際に紅葉の緑が鮮やかに目に飛び込んできて今までとは違った景色に出会えて感動しました。情報過多な世の中ですが青い鳥は心の中にいるんですよね。

    • 殿ケ谷戸庭園での坐禅会に参加しました。終わったあとはすっきりし、いつも気持ちがリセットされます。坐禅途中での庭園散歩では季節の移ろいを感じられました。贅沢な時間をありがとうございました。

    • 忙しい日常から少し離れて、久しぶりに自分の心、カラダ、マインドと向き合えた気がします。努力を惜しまず、一方であるがままを受け入れる。再度気づかせてくれた素敵な会でした。

    • 坐禅で脳がリセットされたのか、耳から聞こえる音がデジタルで距離間が掴め明確に感じられました。同様に景色も連続写真を撮っているかの如くで違和感を感じました。如何に自分勝手に普段物事を捉えているか再認識した時間でした。また参加させて頂きたく存じます。

    • 同じ姿勢で集中出来るかなと最初は不安でしたが、始まってみるとスッと自分の中で無の状態に入ることが出来ました。終わってみると心がスッキリした感じです。庭園の景色もとても綺麗で、また参加したいです。


殿ケ谷戸庭園の魅力スポット:



IMG_3210.jpg
 Ⓒby 野崎悠
紅葉亭のすぐそばにある鹿おどしです。


萩のトンネルと呼ばれる萩に覆われたトンネルです。


take.jpg

萩のトンネルを越えて進んでいったところに孟宗竹と呼ばれる竹林です。

___________
シュプナル・法純

曹洞宗国際布教師。ポーランドにある円覚院という小さな道場の住職。仏教経典の翻訳者、通訳者。
1981年ポーランド生まれ。カトリック教徒の家族に育ち、17歳の時三帰依。
2005年英語学科修士課程修了。
2010年日本学科学士課程日本学専攻修了。
ポーランドのシチエチン市にある三宝院という曹洞宗のお寺、ポズナン市にある円覚院という禅センターで座禅を指導する。
又、オランダの河禅寺、日本の天竜寺(福井県)、静岡県の般若道場(釈迦牟尼会)、東京の桐ケ谷寺等で参禅。
2011年横浜善光寺の留学僧を得る。
2011年-2012年駒沢大学仏教(禅研究、道元研究)の勉強。
2013年ポーランドの日本学科修士課程日本学専攻修了。
2014年大雄山最乗寺の専門。
現在日本に住みながら、自分も精進しながら、在家の方々と一緒に坐禅しております。

2016/09/04

コメントする