雲水喫茶の日替りマスター!!

ベルリンの雲堂でも恒例となった週末の夜坐と茶話会。
今週の正法眼蔵随聞記(水野弥穂子訳・ちくま学芸文庫)のテーマは3-9「学道の人は尤も貧なるべし」でした。

週明けの月曜日、友人が2013年12月16日号の日経ビジネスの記事を送ってくれました。
故スティーブ・ジョブズ氏、稲盛和夫さん、安倍晋三さん。
「貧」というよりどなたもどちらかというと「富」のイメージがありますが・・・

この章の最後に道元禅師はお弟子さん達に
「人は自分を殺しても、自分は仕返しもしまいと決意していれば、まず用心のしようもなく、盗賊の心配もなくなる」
と語ります。

さすがに
「イヤ、それちょっと無茶っス!」
といいたくなるような助言。

「そんなことってほんとにできるんでしょうか?」
茶話会で" KUROSAWA "が好きだ、というフランス出身の少年も目を輝かして質問してくれました。

「隣国が攻めて来たら?」
「ムシャクシャしたり、愉快犯の強盗もいますよね」
「気が狂った殺人者に襲われたら?」


すかさずスペイン出身の男性がコメントします。

「気が狂った殺人者というのは誰ですか?それは誰が作り出しているのでしょうか?」


あなたなら、どう考えますか。


昨日はドイツに長く住む友人から、コソボの戦火を逃れてベルリンに避難してきた彼女の友人一家の話を聞きました。戦争が当たり前の土地に長い間暮らす人にしかわからない感覚があるのかもしれません。



「貧」とはなんでしょうか?



雲水も、ビジネスパーソンも、生死の一大事に挑む時代のようです。

星。



以下、コメントと正法眼蔵随聞記からの抜粋です。


Sunday's Zuimonki 3-4

"Students of the Way should be thoroughly poor" 

Here's an image of Steve Jobs, Kazuo Inamori, Shinzo Abe, from the latest Nikkei Business (one of the most popular business journal in Japan).

The word "POOR" is written with Kanji as "貧" in ZUIMONKI.

What is "貧"... ?

Why is "The way of Samurai" found in Death?

>The Nikkei Business

>Kazuo Inamori
http://en.wikipedia.org/wiki/Kazuo_Inamori

Reference books; 
Translated by Shohaku Okumura, "Shobogenzo-zuimonki"(SOTOSHU SHUMUCHO)

ーーーーーーーーーー
(原文)

夜話に云く、学道の人は尤も貧(ひん)なるべし。
(中略)
仏法陵遅し行く事眼前に近し。予、始め建仁寺に入りし時見しと、後七八年に次第にかはりゆく事は、寺の寮々に各々塗籠をし、器物を持ち、美服を好み、財物を貯へ、放逸之言語を好み、問訊、礼拝等陵遅する事を以て思ふに、余所も推察せらるるなり。仏法者は衣鉢の外は財をもつべからず。何を置かんために塗籠をしつらふべきぞ。人にかくすほどの物を持つべからず。持たずは替返つてやすきなり。人をば殺すとも人には殺されじなんどと思ふ時こそ、身もくるしく、用心もせらるれ。人は我れを殺すとも我れは報を加へじと思ひ定めつれば、先づ用心もせられず、盗賊も愁へられるざるなり。時として安楽ならずと云う事無し。

ーーーーーーーーーー
(English Translation)

In an evening talk Dogen said,

Students of the Way should be thoroughly poor. 
(...)
These days the decay of the buddha-dharma is occurring right before our eyes. From the time I first entered Kenninji Monastery(*1), over a period of seven or eight years I saw many changes gradually taking place. They had built storerooms in each temple building, each person having his own utensils. Many became fond of fine clothing, stored up personal possessions, and indulged in idle talk. No one cared about the forms of greeting one another nor about prostrating before the Buddha. Looking at these things, I can imagine what other places must be like.

A person of the buddha-dharma should not possess any treasure or property other than robes and a bowl. What is the need for a closet? You should not own things which have to be hidden from others. You try to hide things because you are afraid of thieves; if you abandon them you will be that much more at ease. When you don't want to be killed even though you have to kill, your body suffers and your mind is anxious. However, if you make up your mind not to retaliate, even if someone tries to kill you, you will not need to be careful or worry about thieves. You will never fail to be at ease.

(*1)Dogen began to practice with Myozen at Kennin-ji, in 1217, when he was eighteen years old. He stayed there until he went to China in 1223. After he came back from China he stayed at Kennin-ji again for a few years.

ーーーーーーーーーー
(現代語訳)

仏道を学ぶ者は、特に貧しくあるべきである。
(中略)
仏法が次第に衰えて行くことは、まのあたり近く見るところである。自分が始めて建仁寺にはいった時に見たことと、その後7、8年のうちに次第に変わってゆくことは、寺の寮ごとにそれぞれ壁を厚く塗った押し入れを作り、道具を持ち、きれいな衣服を好み、宝物を貯え、勝手気ままな言葉を好み、合掌や礼拝の仕方が衰えていったが、これで考えてみても、ほかの寺の様子も、おしはかられるのである。

仏法者は、お袈裟と応量器のほかは物を持ってはならない。何を置くために押し入れを設ける必要があるのか。人にかくすほどの物を持ってはならない。物を持たなければかえって安心である。

人を殺すことはあっても、人に殺されはしまい、などと思っている時には、からだも休まらず、用心もしないではいられない。人は自分を殺しても、自分は仕返しもしまいと決意していれば、まず用心のしようもなく、盗賊の心配もなくなる。こうなればいつといって安楽でないことがない。

hyoshi.jpg

2013/12/16  by

コメントする